CDS(ec Contents Deployment System)

CDSとは?

エクステンシスのささげ支援ASPソリューションの核となるサーバーシステムで、ささげ関連データ全般の集約と進捗管理、採寸・原稿情報の入力、過去の作業ログの参照を行うシステムによるASPサービスです。

オプションにより、CDSのWeb画面を使いアクセスする他、「商品画像一括登録」オプション、「基幹システム連動」オプション、「csvデータ一括登録」オプションにより、外部データの取り込みも可能です。

メイン画面

  • ささげ業務進捗状況の表示
  • 型数、SKU数、カット数の表示
  • ジョブの条件検索
  • コメントの入力
  • 自動終了(撮影リストまたは基幹にデータが存在する場合など)
  • バーコードリーダーによる採寸または原稿入力ページへの直接アクセス

SKU一覧画面

  • SKU毎の進捗状況、カット数の表示
  • 採寸、原稿入力画面へ

採寸入力画面、原稿入力画面

  • 商品分類による採寸箇所の自動プリセット
  • 同一型の入力履歴
  • 採寸関連情報の入力(コード入力、自由文字入力の双方に対応)
  • 基幹データ表示(当該ページ入力または基幹データの優先設定可)
  • モデルマスタのメンテ
  • 原稿関連情報の入力
  • 画像表示(拡大可能)
  • サイズ、素材、原産国などのスペック表示

オプション機能

  • ささげ指示入力
  • 入荷チェック、商品の自動仕分け
  • 複数スタジオの管理
  • ユーザー権限の設定(各メニューの閲覧、データ入力、強制終了など)
  • 独自入力項目
  • 画像、テキスト系情報一括登録
  • 基幹システム連携