PDS クライアントアプリ(Photo Distribution System)

PDS クライアントアプリとは?

「PDS クライアントアプリ」は、撮影・画像加工時に利用する「CDSサーバー」と連動して動作するWindows PC用のクライアントアプリケーションです。ASPによるご提供です。

このアプリケーションを使うことにより、バーコードリーダーと連動し商品画像のリネームやリサイズが自動化されます。アプリケーションにより常に撮影・画像加工の進捗がアップデートされ、画面上ですぐ確認することができます。

機能

  • バーコードリーダーとの連携による撮影SKUの自動判別
  • SKU毎の撮影進捗管理(撮影済、セレクト済、加工済、サーバーへ送信済)
  • 商品情報、撮影指示の表示
  • 画像種類と順番(例:カラー画像、ディテールの一番目など)を画像枠で管理、モデル画像、ロゴなど画像枠にお客様独自の意味づけが可能
  • リスト表示、画像詳細表示の2つの表示モード(画像詳細ではRGBの値も表示)
  • 一括セレクト(不要画像の一括削除)
  • トップ色自動判定
  • サーバー内画像一括取り込み(上書モード/追加モード)
  • 強制終了(撮影業務)

ワークフロー

PDS クライアントアプリ01

STEP 1撮影前に商品のバーコードをバーコードリーダーでスキャン

STEP 2

STEP 3PDS クライアントアプリ上の該当するSKUに撮影画像が表示される

PDS クライアントアプリ02

STEP 4画面上のサムネイルをダブルクリックもしくは「画像を開く」ボタンをクリック

STEP 5画像加工ソフトウエアが起動

STEP 6白抜きやクロップなどの画像加工を行う

PDS クライアントアプリ03

STEP 7すべての画像の加工が終了したら、「画像送信」ボタンをクリック で「CDSサーバー」へ画像と撮影情報が送信され、サーバー側で商品画像のリサイズ、リネーム、ECサイトへの画像送信(複数サイズ・複数縦横比可、外部ECサイト含む)、画像合成(ロゴ合成、複数商品画像の合成、色名称の画像への合成など)のすべてが自動化されます。

オプション機能

  • バーコード読み取りよる撮影リストの自動作成(基幹連携含む)
  • 着用サイズ自動判別
  • 型単位、SKU単位、画像単位の画像テキストの入力(モデル情報など)
  • PDS Clientで加工まで管理しない場合、撮影済(未加工)画像のダウンロードと加工済画像の専用アップロードWeb画面

通常のPDS Clientを使ったワークフロー

カメラマンが撮影中にPDS Clientに撮影画像が表示されるので画像加工者がセレクトと画像加工を行い、画像加工後(完成画像)にCDS Serverへ画像を送信

オプションの画像ダウンロード/アップロードシステムを使ったワークフロー

カメラマンは撮影とセレクトのみを行い未加工の状態でPDS ClientからCDS Serverに画像を送信⇒画像加工者は専用の未加工画像リストのWeb画面から画像をダウンロード(管理番号に一括、または画像個別)し画像加工後、専用の加工済画像アップロードWeb画面に加工済画像をドラッグ&ドロップ(画像加工を外注したり、撮影場所とは別の場所で行う場合に利用されます)